特定調停の手続きに必要な書類

特定調停は自分で行う債務整理法です。裁判所へ提出する書類だってもちろん自分で揃えないといけません。

必要となる書類は各裁判所によって微妙に違うので、一度管轄の裁判所へ問い合わせて、何を持って行かないといけないのか確認しておきましょう。

特定調停の手続きに必要な書類

一般的にはこれらが必要

特定調停申立書
特定調停の申し込み用紙のようなものです。裁判所のホームページから用紙をダウンロードできます。

権利関係者一覧表
お金を借りてるキャッシング会社を一覧にまとめた用紙です。用紙は裁判所のホームページからダウンロードできます。

財産状況等明細書
自分の財産を記入する用紙です。これも裁判所のホームページでダウンロードできます。

その他添付する書類

住民票
古いものでは不可の場合があるので、できれば新たに取りに行った方がいいでしょう。

各キャッシング会社の現在事項証明書
お金を借りてる貸金業者全部の現在事項証明書が必要。法務局のホームページから申請できます。

取引履歴の書類
取引の全容がわかる書類が必要です。契約者や領収書など。

給与明細
収入を証明しないといけないので、給与明細と納税証明書も用意しておきましょう。

車検証など
財産がどれぐらいあるのかを証明するため、車を持ってるなら車検証を。家を持っているなら登記簿謄本を。その他にも財産らしきものがある場合は、それらの書類も必要になります。




関連記事
特定調停の流れ
デメリットとその対策