借金の額が大きいなら個人再生が有効

特定調停は費用が安く済むのが魅力ですが、借金の額が大きいと効果があまりないのがデメリット。

たくさん借入がある人は個人再生の方がいいでしょう。減額効果は特定調停よりはるかに高くて、500万円までの借金なら一律で100万円にしてくれます。1/5ちかくまで減らせる可能性があるので、一気に返済が楽になります。

弁護士に依頼する必要がある

とても強力な債務整理法である個人再生。しかし特定調停と違いこちらは自力では不可能。弁護士を雇う必要があります。

その費用はおよそ50万円。

しかし分割払いOKの弁護士も多いので、すぐに大金を用意しないといけないわけではありません。少しまとまったお金が必要ですが、減額効果も大きいのでプラスマイナスで計算するとかなり借金を減らせるのは間違いないでしょう。

200万円以上の借金がある人向き

弁護士費用のことを考えても、借金がせめて200万円ぐらいある人向きといえます。

200万円の場合一律100万円へ借金は棒引きされ、弁護士費用の50万円を差し引いいても50万円の軽減効果があるということに。

やはりこれぐらいは減額効果が欲しいですよね。この辺りが最低ラインではないでしょうか。

あまり減額効果が見込めない場合は弁護士の方で別の提案をして来ると思います。

そしてキャッシング会社側でもあまり少額の借金では交渉に応じてくれません。少ない借金なら返済出来るだろと迫ってきます。200万円ぐらいまで借金が膨らんでいるとさすがにマズイと思ってくれるようです。

財産には注意

個人再生で一番気をつけないといけないのは財産の問題。

自己破産と違い財産を手放さなくてもいいのはメリットですが、でもその財産が足を引っ張ることにもなるのです。

なぜなら個人再生ではマイホームの清算価値も借金減額の判定基準になるから。

どういうことかと言うと、マイホームの資産的な価値が大きい場合、その値段以上は借金が減額されないのです。

個人再生では500万円以下の借金の場合一律100万円にしてもらえるのですが、もしマイホームの資産価値が200万円と判定されたら、返済額は200万円以下にはなりません。本来なら100万円になるはずの返済額が200万円どまりに。

もし借金の総額が現在200万円なら、この場合一切減額効果なしとうことになります。

だからマイホームを持っている人はまず自分の家の資産価値を計算してみましょう。ローンの支払い途中ならその分も考慮されます。いくら家の売却価値が1000万円だとしてもローンも残り1000万円なら資産価値はゼロという計算に。

個人再生を申請する家庭の場合、たいていこのようにローンが残っていて、家の資産価値はゼロかマイナスなので問題はありません。

しかしたまにローンをほぼ払い終えていて家の清算価値が高いケースがあります。その場合はほとんど借金の減額効果は見込めないので注意してください。