特定調停と任意整理の違い

特定調停と似たものに任意整理があります。利息をカットしてもらって返済額を軽減を狙うという点もまったく同じ。

この両者の違いは自分でやるか弁護士に頼むか

特定調停は全部自力で行う借金軽減法で、申し立てや裁判の出廷も自分でこなさないといけません。非常に手間がかかり面倒だけど、費用がほとんどかからないのがメリット。

任意整理は弁護士か司法書士にお願いして借金の軽減を狙います。裁判所を通さず業者との直接交渉で利息をカットしてくれるよう頼みます。

裁判所を通さないため手続きが簡単で、しかもそれを全部弁護士がやってくれます。とても楽ちんなのはメリットですが、やはり費用がかかってしまうのは痛いですね。

両者の費用の比較

特定調停の費用」でも解説したとおり特定調停は5,000円ぐらいしかお金がかかりません。

一方で任意整理は15万円ほども弁護士費用が発生。これではいくら借金を軽減出来ても追いつかないですよね。

弁護士ではなく司法書士に依頼すればもう少し費用が抑えられ、10万円前後で任意整理が可能。そのため任意整理では司法書士が人気あります。1社あたり3万円ほどでやってもらえます。

両者の減額効果の比較

どちらも利息カットが目的の債務整理法なので、減額効果もほぼ変わりません。

ならば費用がほとんど変わらない特定調停の方がいいですよね。

しかし事はそこまで単純ではありません。やはり調停委員に当たり外れがるという面が大きくて、弁護士などを雇った方がしっかり減額を勝ち取ってくれる可能性があります。

ハズレの調停委員に当ってしまうと5万円ぐらい損する可能性はあります。それでも司法書士を雇う代金10万円よりは安いのですが、面倒な手続きなどをこなさないといけない点を考慮すると、金額以上に精神的なダメージを受けます。

過払い金の問題も絡んでくるため、手放しで特定調停の方をおすすめすることは出来ません。

面倒な手続きをこなす覚悟と、ハズレ調停委員とも粘り強く付き合う努力、この2つがあれば特定調停で行きましょう。もちろん過払い金がないことが前提です。

やはり費用の安さは魅力ですもんね。