特定調停では過払い請求出来ない

過払い金がある場合は任意整理の方がいいです。特定調停では過払いの請求は出来ません。

過払い請求はややこしい引直し計算を行う必要があり、調停委員もそこまではやってくれません。過払い分がありそうなら、それを教えてくれる可能性はあります。しかしこれも調停委員次第。全然指摘してくれない可能性もあります。

どちらにしろ特定調停では過払い金までは取り戻せません。

過払い金があることが判明したら弁護士をあらたに雇い、特定調停とは別に過払い金の請求を行うことになります。

こうなると2回もキャッシング会社と交渉を行うことになり、非常に無駄。特定調停を考えているなら過払い金が発生していないかをまず自分で確かめておくことが重要です。

過払い金の確かめ方

2010年までは29.2%という出資法の上限金利でお金を貸すのが当たり前でした。だからこれ以前にお金を借りてる場合は、過払い金が戻ってくる可能性大。

アコム・アイフル・プロミス・レイクなどほとんどの消費者金融、及びニコスカード・オリコカードなどを始めとする多くのクレジットカード会社が、この高い金利でお金を貸していました。

これを現在の20%が上限の利息制限法で計算すると、それなりの金額が取り戻せます。

そのためにまずやることは取引履歴を取り寄せることです。2010年以前の借入状況を確認出来れば、過払い金の有無も判明します。

もし過払い金が発生してるなら司法書士事務所にお願いするといいでしょう。弁護士事務所はやはり少し料金が高いですからね。過払いの請求と任意整理を20万円ほどで受けてくれます。過払いの額が大きいともう少しかかるかもしれません。

20万円といえばかなりの額ですが、過払い金で50万円が戻ってきたら差額30万円が自分の懐に。

2010年以前からお金を借りていないか今一度確認してみましょう。もし過払いがあるなら特定調停ではなく、司法書士に債務整理を依頼しましょう。