特定調停にかかる費用

特定調停は5千円前後で出来ます。

弁護士や司法書士を雇わず自力で行う債務整理のため費用がほとんどかからないんですね。必要なお金と言えば申請の代金とあと郵便代ぐらい。

申請代は1社あたり500円が相場。借入先が5件あっても2,500円です。

郵便代はもっと安くて、1社につき250円。これにプラス基本料金が千円ほど追加されます。5社なら2,250円ほど。

地域によって多少差があるので正確な料金は直接問い合わせましょう。

いずれにしろ非常に安い費用で済んでしまうため、どちらかというと裁判所へ出向くための交通費の方が高くついてしまうこともあります。

任意整理は10万円以上かかる

特定調停と似たものに任意整理というものが存在します。いわば弁護士を雇って行う特定調停みたいなもの。

自力で申し立てや手続きするのが面倒な人や、会社を休んで裁判に出席できない人に利用されています。

こちらは面倒がなくて良いのですが、いかんせん弁護士費用が高い。だいたい10万円から15万円ぐらいはします。これではせっかく借金を軽減出来ても水の泡ですよね。何なら減額分より弁護士代の方が高いなんてことも。

こういった本末転倒な結果に陥らないように。