婚活ミカ

自分で出来る特定調停

借金返済が苦しいなら債務整理で減らすのが一番。

でも弁護士費用が高くつくのが難点ですよね。しかし中には法律家に頼らず出来る債務整理もあります。それが特定調停です。

最低限これだけ知っておけば大丈夫

手続きのに必要なもの
裁判所へ提出するのもを紹介。
特定調停の流れ
申請から免除が降りるまでの流れ。
デメリットとその対策
特定調停のマイナス面も知っておきましょう。

特定調停は利息を免除してもらう制度

借金が返済出来ない人のために国がセーフティーネットを設けています。それが債務整理と言われるもの。自己破産のような重いものから中ぐらいの個人再生までいろいろ。

中でも一番軽いものが特定調停です。

借金の利息分だけを棒引きしてもらうというもので、それほど大きな減額にはなりません。しかし今現在返済で困ってるなら、利息カットの恩恵は意外と大きいですよ。

特定調停 個人再生 自己破産
減額 利息を免除 1/5に 全額帳消し
自力で × ×
費用 安い 高い 高い
期間 3ヶ月 5ヶ月 5ヶ月
対象 返済が苦しい人 返済がかなり苦しい人 返済が不可能な人

表を見てもわかるように自分で手続可能なのは特定調停のみ。個人再生や自己破産は弁護士に依頼しないと出来ません。

申請してから審議が決定するまでの期間だって特定調停なら3ヶ月間で済みます。自己破産などは借金の大幅な免除が行わる関係でどうして長引きます。5ヶ月ぐらいはかかるのでかなり待たされることに。

特定調停が受けられる人

特定調停の対象は借金の返済で困っている人です。具体的な金額などの基準はなくて、その都度裁判所で交渉が行われます。

キャッシング会社側が了承すれば利息の免除が受けられます。

利息をもう払わなくていいとなるワケなので、やはりそれなりの困窮具合は必要です。貯金をたくさん持っていたり、給与がたくさんあったりすると、キャッシング会社としても承服しかねますよね。

本来は支払わないといけない利息を免除してもらうのですから、本当に生活が苦しくないと特定調停は受けられません。

状況によってはキャッシング会社が了承せず、特定調停が失敗に終わることだってあります。必ず借金減額の恩恵が受けられるわけではないことは知っておきましょう。

しかし生活がカツカツの状態で、苦しい家計の中からなんとか返済してるような状況だと、大抵はキャッシング会社側も折れてくれます。

なぜなら、そういう状態のまま放置してるといずれ個人再生や自己破産へと進んでしまうから。もしそうなると回収できる金額はもっと減り、最悪の場合は全額が回収不能という状態に。

こうした貸し倒れによる損害と比較すれば、特定調停の利息カットなんてまだマシな方です。だからキャッシング業者は本当に返済が苦しい場合はちゃんと交渉に応じてくれるんですね。

返済が不可能な人は別の手段を

先ほども説明したように特定調停は返済が苦しい人のための制度です。苦しいけど今はなんとかまだ返せてる。でもこのまま行くといずれ行き詰まる。そういう人を対象としています。

もうすでに深刻な状況に陥っているようなら、別の救済制度を利用しましょう。借金を返すために別の消費者金融などでお金を借りて、雪だるま式に借金が増えていってるなど、現時点でもう手の施しようがない状態まで来てるなら、特定調停では効果が薄いです。

借入額が300万円とか400万円とかかなり大きい場合や、返済の見通しが全然立たない状態なら、自己破産などを検討しましょう。

いま特定調停で少し返済が楽になっても、そういう深刻な借金問題を抱えてる場合いずれ破綻が起きます。そうなる前に弁護士さんに相談してみましょう。借金問題を専門に扱ってる弁護士さんならどのような解決法があるのか教えてくれます。

弁護士事務所はたいていメールや電話で無料相談を受け付けているので、まずは話だけでも聞いてもらいましょう。

どのような弁護士事務所が良いのかやその選び方は次のサイトなどで詳しく解説されています。

破産王子の華麗なる借金返済講座【返せないを解決】

自己破産や個人再生の注意点なんかも解説されていて助かります。